OFFICE GLOBAL このサイトは正規輸入時計通販 元店長のブログです

鳩時計の修理にかかる費用は?修理できる場所・費用を抑えるコツも

4つの鳩時計

鳩時計の修理にかかる費用相場

この記事を読むための時間:3分

大切な鳩時計を修理に出したいものの、費用がいくらかかるのかわからず悩んでいませんか?また、「鳩時計を購入したいけど、壊れたら修理が大変そう」と考えている方も多いはず。そこでこの記事では、鳩時計の修理にかかる費用相場を紹介します。鳩時計の修理を依頼できる場所なども紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

鳩時計とは?

鳩時計とは、定期的に鳥の人形が動き、鳥の鳴き声で時刻を知らせてくれる時計です。約200年前に、ドイツ南部のシュヴァルツヴァルト(黒い森)地方で誕生したと言われています。この鳥は本来、鳩ではなくカッコウです。不思議なからくりと、幸運を運ぶ縁起の良い鳥などとして知られるカッコウがモチーフになったこの時計は、ヨーロッパに広まり、やがて日本にも入ってきました。伝統的には、彫刻が施された巣箱型や山小屋型の本体のものが多く、オルゴールが搭載されたものや、鳥以外の人形たちが賑やかに動くものもあります。

 

【機械式鳩時計】修理費用の目安は1万〜4万円

機械式鳩時計とは、鳩時計が誕生した1800年ごろに普及していた機械式の仕組みでできた鳩時計です。機械式の時計は、錘(おもり)やバネを動力として動くもので、鳩時計も、チェーンに付いた錘の重力によって内部の歯車を回転させて動いていました。機械式鳩時計の修理は、機械式時計の専門的な知識に加え、鳩の動きや音を出す特殊な仕組みの知識も必要なため、修理費用が比較的高額になる傾向にあります。修理費用の目安は1〜4万円でしょう。

 

【電池式鳩時計】修理費用の目安は5,000円〜2万円

電池で動く時計が誕生したのは、1900年代に入ってからのことです。電池で動く時計が生まれると、鳩時計も電池式のものが作られるようになりました。鳩の動きや音を出す仕組みが電子化され、比較的扱いやすくなっています。そのため修理費用の目安は5,000円から2万円と、機械式に比べて安く修理が可能です。原因が明確にわかっている場合、もう少し安く2,000円前後に抑えられる可能性もあります。

 

鳩時計はどこで修理できる?

修理費用の目安はわかりましたが、修理はどこでできるのでしょうか?メーカーや型番、生産国などによっても異なるものの、鳩時計の修理を引き受けてもらえる可能性のある場所を紹介します。

 

まずは購入した店舗に確認

まずは、鳩時計を購入した店舗に修理してもらえるかどうか確認してみましょう。「ヨドバシカメラ」をはじめ、多くの大型電気量販店が修理サービスを行っています。保証期間内であれば無料で修理してもらえることも。また、他店で購入した商品でも、取り扱いメーカーのものなら修理を受け付けている店舗もあります。

 

メーカーに確認

店舗で修理ができなかった場合は、鳩時計の販売元のメーカーに直接修理してもらえるかどうか確認してください。「シチズン」や「セイコー」など、多くの大手メーカーが修理を受け付けています。お持ちの鳩時計のメーカーを調べて、問い合わせてみましょう。ただし、部品が無いなどの理由で修理できない可能性もあります。

 

時計修理店に問い合わせ

店舗・メーカー共に修理ができなかった場合、時計修理店に問い合わせてみましょう。街に店舗を構える修理店もあれば、インターネット経由で依頼し、送付での修理を受け付けている修理店もあります。

 

鳩時計の修理費用を抑えるコツ

鳩時計の修理費用は高額になる場合もあり、特に修理が難しい機械式の鳩時計はコストがかかります。そこで、鳩時計の修理費用を抑えるためのコツを紹介します。

 

3〜5年ごとのオーバーホール

時計を長く使うには、「オーバーホール」と呼ばれるメンテナンスが必要不可欠です。オーバーホールとは、機械を部品単位に一度分解し、清掃・整備・調整などをして再び組み立てること。基本的に、繊細な歯車が動く機械式時計は3〜5年ごとに、電池式のクォーツ時計も4〜5年ごとにオーバーホールをしましょう。放置することで大きな破損が生じ、修理費用が高くなってしまいます。

 

箱や説明書、付属品は保管しておこう

説明書や付属品は邪魔だからと、捨ててしまう方も多いのではないでしょうか?しかし、説明書や付属品を残しておくことで、メーカーや型番、部品などの確認がスムーズに行えます。また、箱があると、遠方に送付する際にぴったりの箱を準備する必要がなく便利です。無駄な費用や手間を抑えるためにも、長く大切に使用したい鳩時計の付属品類は保管しておくことをおすすめします。

 

鳩時計は修理して長く大切に使おう

鳩時計の修理にかかる費用相場をはじめ、修理できる場所や費用を抑えるコツを紹介しました。鳩時計が壊れたら、修理するのに数千円から4万円の出費がかかってしまいます。複数箇所が壊れているなど、状態が悪いとさらに高額になるケースも。定期的にメンテナンスをすることで費用を抑えられるはずなので、壊れてもきちんと修理して、長く大切に使ってくださいね。

正規輸入インテリア時計・ファインアート通販 │OFFICE GLOBAL

OFFICE GLOBAL

OFFICE GLOBALは、ドイツ・イタリア・イギリス・アメリカの輸入置時計・壁掛け時計、
有名な映画のワンシーンなどのファインアート作品を、すべて日本正規代理店より
お届けしています。時計は1年間のメーカー保証付き。デザイン性が高く、おしゃれな
インテリアアイテムとして人気。新築・ご結婚・ご就職のギフトにもおすすめです。

屋号 OFFICE GLOBAL
住所 〒252-0318
神奈川県相模原市南区上鶴間本町6-15-3
営業時間 月火木金 10時~18時
定休日 : 水・土日
代表者名 樋口 晶子(ヒグチ アキコ)
E-mail info@office-global.net
電話番号 042-814-6656

コメントは受け付けていません。

特集

OFFICE GLOBAL このサイトは正規輸入時計通販 元店長のブログです

神奈川県相模原市南区上鶴間本町6-15-3

070-8534-0225 

ショップは閉店しました。※OFFICE GLOBALへのお問合せはメニューの「CONTACT」よりフォームをご利用ください。