OFFICE GLOBAL このサイトは正規輸入時計通販 元店長のブログです

掛け時計の針の修理は自分でできる?よくある原因と修理方法を紹介

掛け時計

掛け時計の針の修理方法について

この記事を読むための時間:3分

掛け時計の針が壊れたら、できるだけ早く修理したいですよね。スマホでも時間はわかるものの、掛け時計で時刻を確認するのが癖になっているという方も多いのではないでしょうか?実は、掛け時計の針は、簡単に自分で修理できる可能性が!そこでこの記事では、掛け時計の針の修理方法について紹介します。よくある原因や、依頼して修理する方法も解説しますので、大事な掛け時計が壊れてお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

 

掛け時計の針によくある故障と原因

掛け時計の針によくある故障は、「①針の指す時間がずれる」「②針が止まる」「③針が取れる・曲がる」の3つです。それぞれの故障の原因について見ていきましょう。

 

①針の指す時間がずれる

電波時計ではないクォーツ式や機械式の掛け時計の場合、時計の針の指す時間がずれるのは珍しいことではありません。原因としては、電池の残量不足、もしくはムーブメント(駆動装置)内の部品の消耗、破損、回路不良、強い磁気を発生する電化製品などの影響による「磁気帯び」などが考えられます。

 

②針が止まる

掛け時計の針が止まってしまった場合、原因として考えられるのは、①と同じく電池切れ、もしくはムーブメント内部の消耗、破損、回路不良、磁気帯びなどです。また、針が文字盤に引っかかってしまっている可能性もあります。ついさっきまで正常に動いていたのであれば、ムーブメント内に原因がある可能性が高いです。

 

③針が取れる・曲がる

針が取れてしまった、もしくは曲がってしまった場合は、衝撃や、文字盤か針同士の引っかかりが原因であると考えられます。また、長時間日光が当たったことで、熱によって曲がってしまった可能性などもあります。

 

掛け時計の針を自分で修理する方法

止まってしまった時計や時間がずれた時計は、基本的に「ムーブメントの交換」で修理できることが多いと言われています。そのほかの方法も合わせて、掛け時計の針を自分で修理する方法を紹介しましょう。

 

ムーブメントを交換する

ムーブメントの交換は、掛け時計に合うムーブメントを購入してはめ替えるだけと、意外と簡単です。まず、掛け時計に付いている元のムーブメントの寸法とシャフト(軸)の長さ、ネジの長さ、そして、文字盤の穴の直径を測ります。続いて、それに合ったムーブメントを購入しましょう。ムーブメントには以下のような種類があります。

 

  • クォーツ式ムーブメント:電池で動く。コチコチと秒針の音がする「ステップ式」とスムーズに進む「スイープ式」がある
  • 電波式ムーブメント:標準電波を受信し、時間補正を自動で行う。こちらも「ステップ式」「スイープ式」がある

 

「ステップ式」か「スイープ式」は好みで選んで問題ありませんが、クォーツ式・電波式のタイプ変更は難易度が高い場合があるので、同じタイプのものを購入することをおすすめします。また、元のものと違うムーブメントを購入すると針が適合しない場合があるので、元と同じムーブメントを購入するか、針も新調しましょう。

 

ムーブメントの故障箇所を修理する

手先の器用な人や機械をいじるのが好きな人なら、ムーブメントをオーバーホールして故障箇所を特定し、修理するという方法もあります。「オーバーホール」とは、機械を部品単位に分解して清掃し、再び組み立てること。時計はメンテナンスとして、定期的なオーバーホールが必要不可欠だと言われています。初めて機械を触る人がいきなり分解して成功するとは言い切れませんが、クォーツ式時計のムーブメントは比較的単純な作りです。汚れや接触不良がないか、丁寧に確認してみましょう。

 

針を交換する

掛け時計の針が曲がったり折れてしまったりした場合は、針を交換するだけで修理完了です。時針、分針、秒針の長さと穴の内径を測り、ムーブメントに適合する針を購入してください。針の重さや穴のサイズが違うと時間にずれが生じてしまうため、各ムーブメント推奨の針や、それに近いものを使用するようにしましょう。

 

依頼して掛け時計を修理する方法

「自分で修理するのは難しそう」と感じた方は、修理サービスに依頼するという手段もあります。しかし、掛け時計はどこで修理してもらえるのかわからない方も多いはず。ここからは、依頼して掛け時計を修理する方法を紹介しましょう。

 

購入した店舗に依頼する

まずは、掛け時計を購入した店舗に、持ち込んで修理してもらえないかどうか確認してみてください。「ヨドバシカメラ」「ヤマダ電機」をはじめ、多くの大型電気量販店が修理サービスを行っています。保証期間内であれば無料の場合もあるので、レシートや保証書をチェックしてみましょう。また、中には他店購入品でも、取り扱いメーカーのものなら修理を受け付けている店舗もあります。

 

メーカーに依頼する

購入した店舗で修理ができない場合や、店舗が遠い場合は、メーカーに修理を依頼するという方法もあります。「シチズン」や「セイコー」など、多くの大手メーカーが修理を受け付けています。お持ちの掛け時計のメーカーを確認し、公式ホームページをチェックしてみましょう。

 

時計修理店に依頼する

部品が無いなどの理由により、店舗・メーカー共に修理不可であった場合、時計修理店に修理を依頼することも検討してみてください。街に店舗を構える修理店もあれば、インターネット経由で依頼し、送付での修理を受け付けている修理店もあります。古いアンティークの時計でも修理してもらえる可能性としては、店舗やメーカーよりも高いです。

 

お気に入りの掛け時計は、修理して長く使おう!

掛け時計の修理方法について紹介しました。慣れ親しんだ掛け時計は、自分で修理したり、修理を依頼したりして大切に使うことで、より愛着が湧いてきます。DIYが好きな方や時間に余裕のある方は、ぜひ自分で修理に挑戦してみてください。保証期間内であれば、修理を依頼するのもお得です。壊れても諦めず、お気に入りの掛け時計を長く使ってくださいね!

正規輸入インテリア時計・ファインアート通販 │OFFICE GLOBAL

OFFICE GLOBAL

OFFICE GLOBALは、ドイツ・イタリア・イギリス・アメリカの輸入置時計・壁掛け時計、
有名な映画のワンシーンなどのファインアート作品を、すべて日本正規代理店より
お届けしています。時計は1年間のメーカー保証付き。デザイン性が高く、おしゃれな
インテリアアイテムとして人気。新築・ご結婚・ご就職のギフトにもおすすめです。

屋号 OFFICE GLOBAL
住所 〒252-0318
神奈川県相模原市南区上鶴間本町6-15-3
営業時間 月火木金 10時~18時
定休日 : 水・土日
代表者名 樋口 晶子(ヒグチ アキコ)
E-mail info@office-global.net
電話番号 042-814-6656

コメントは受け付けていません。

特集

OFFICE GLOBAL このサイトは正規輸入時計通販 元店長のブログです

神奈川県相模原市南区上鶴間本町6-15-3

070-8534-0225 

ショップは閉店しました。※OFFICE GLOBALへのお問合せはメニューの「CONTACT」よりフォームをご利用ください。当サイトは敢えてSNSとは全く連携しておりません。